1. ホーム
  2. ≫なぜ自動売買なのか?

なぜ自動売買なのか?

1034858

FXを取引する場合、そのスタイルで大きく分けて裁量トレード・システムトレードに分けられると思います。

裁量トレードとは、その時の相場状況に合わせて臨機応変に対応し取引するスタイルです。。

例えば、今後金利が上昇しそうだから・・しばらくロング(買い)で攻めよう。昨日の高値を超えたらエントリーしてみようかな。ただし、この後に重要指標で下がるようならポジションを閉じて様子見にする。

といった感じで相場の状況を分析し、自分の相場観で取引するスタイルです。ただし、相場観といっても全て感覚的に取引しているのではなく、エントリータイミングや決済はダブルトップやラインなどの何らかのテクニカル分析を駆使しているのが一般的です。システムトレードと決定的に違うのは、その時の相場状況によってエントリーを見送ったり決済するタイミングを変えたりといった相場に合わせた対応をしているところです。

良いこと尽くめに感じる裁量トレードですが、実際はとても難しいです。相場に合わせて臨機応変に対応することは至難の業で、感情的にならない強いメンタル・規律も必要で、習得には長期の経験と努力がなければ厳しいでしょう。

 

to b1

 

一方のシステムトレードですが、大抵はインジケーターなどのテクニカルのサインに従って機械的にエントリー・決済をするスタイルです。これを自動で行うソフトがExpert Advisor(EA)と呼ばれるものです。(EAとはMetaQuotes社が開発したMetaQuotesLanguage(MQL言語)を用いて書かれたプログラムの事です)

 

EAの例として、20日の高値を超えたらエントリし、15日安値を下回ったら決済といった売買ルールをプログラム化したものです。

このソフトを稼働させるには、MetaQuotes社が開発したメタトレーダーというプラットフォームを使用する必要があります。よって取引システムにメタトレーダーを採用しているブローカーに口座を開設する必要があります。

このEAを使用した自動売買のメリットは非常に大きいです。

 

スポンサーリンク

自動売買(EA)のメリット

優秀なシステムを使用すると全くの素人でも稼げる。

業者間の差異はあるものの、同じ自動売買ソフト(EA)を利用すれば、初心者も経験者もほぼ同じ結果になる。


システムを稼働してしまえば、24時間相場を監視してくれる。

寝る時間・休む時間も相場を監視して、自動で取引してくれるので時間を拘束されない。


基本的に放置できるため仕事をしながら資産運用できる。

サラリーマンでも簡単に資産運用可能。


感情が入らない。

感情が入らないため、規律あるトレードが可能になる。


複数のシステムを同時稼働するとポートフォリオ効果がある。

システムでなければ不可能な他通貨ペアを同時取引できる。


以上の理由から、初心者がFXで稼ぐにはEAを使用したシステムトレードが最良ではないかと思います。

 

 

スポンサーリンク
Axiory